ピュアアルギニンリキッドの効果でサポート身長を伸ばしたい

このサイトはお子さんの身長に悩む親御さんの疑問に答えます。

  • 成長期を逃したくない
  • 身長に効果のある食べ物は?
  • 牛乳はホントに背が伸びるの?
  • 睡眠が短いけれど大丈夫?
  • 身長はいつまでのびるの?

同級生が自分の身長を越していく、スポーツでは身長の高い方が有利など成長期のお子さんには身長の悩みはつきものですよね。

必要以上に牛乳を飲んでいたり、煮干しをかじってみたり「あれ?」という行動は身長を伸ばしたいと思っているサインです。

親としては何とか協力してあげたい思いでいっぱいですが、具体的な方法は?と言うと困ってしまいます。

この100年で日本人の身長は15㎝も伸びてきました

特に、戦後はビタミンや動物性たんぱく質・脂肪の摂取が急激に増えたこと、衛生面の改善のおかげで右肩上がりでした。

そうなると現代でも改善点がありそうですね。

  • 現代の食事はカロリーは高いけれど栄養のバランスはどうでしょう?
  • 受験や友人関係でストレスはないでしょうか?
  • 家での遊びが多く運動不足ではないでしょうか?

きっと、ちょっとした工夫で伸びる力を引き上げられるのではないでしょうか。

特に成長期のお子さんはチャンスです。

お子さんのストレスや悩みが無くなるよう参考になれば幸いです。

身長を伸ばすには 効果と対策

成長期を逃したくない

人間の身体が大きく伸びるチャンスは2度あります。

  • 生まれてから幼少期
  • 思春期前半(女子10~15歳、男子11~16歳)

この時期はグンっと大きくなる時期なのでこのチャンスを逃すと努力しても5㎝以上の伸びは望めないようです。

身長だけでなく、臓器や神経もこの時期に完成していき、骨や内臓の大きさが決まってしまう大切な時期なのです。

この大切な成長期をお互いの忙しさで過ぎてしまわないよう、未来の丈夫で健康な身体に向き合って過ごしてみませんか?

身長に効果のある食べ物は?

身長が伸びるということは骨が伸びるという事です。

骨が丈夫に太く育つ食べ物を積極的に摂りましょう。

骨が丈夫に成長できる食べ物

  • カルシウムを多く含んだ食品
  • カルシウムの吸収を助ける食品(ビタミンD・ビタミンK)

カルシウムを多く含んだ食品

  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • チンゲン菜
  • ほうれん草
  • 厚揚げ
  • イワシの丸干し
  • 木綿豆腐
  • 桜エビ
  • 納豆
  • ひじき
  • 小松菜
  • うなぎのかば焼き

カルシウムの吸収を助ける食品

  • 鮭(ビタミンD)
  • ちりめんじゃこ(ビタミンD)
  • サンマ(ビタミンD)
  • きくらげ(ビタミンD)
  • 納豆(ビタミンK)
  • ほうれん草(ビタミンK)
  • 小松菜(ビタミンK)
  • 鶏もも(ビタミンK)

牛乳はホントに背が伸びるの?

カルシウムの多さから、身長=牛乳とつい思いがちですが、カルシウムで骨の密度を上げ、タンパク質で骨が成長して身長が伸びます。

牛乳だけの栄養素では片手落ちなので、先にも記したカルシウム+タンパク質、それらの吸収を助けるビタミンやマグネシウムも合わせて摂ることがポイントです。

食後にはフルーツを食べてビタミンを摂る、手軽にサバの味噌煮缶でおかずを1品増やす、朝食のトーストにチーズのトッピングなど、ちょっとした工夫でバランスの良い食事を提供してあげましょう。

睡眠が短いけれど大丈夫?

現代人は大人も子供もつい夜型になってしまいます。

でも睡眠のゴールデンタイムは成長期のお子さんには重要なチャンスタイム。

なぜなら、骨の軟骨を作るのに必要と言われている成長ホルモンの分泌を促すには質の良い睡眠が大切なんです。

成長ホルモンの分泌が少ないお子さんは身長の伸びが低下している調べもあります。

また、成長ホルモンは糖や脂質の代謝やタンパク質の合成にも関わりがあり、成長期の身体作りに欠かせない物質。

この大切な時間に成長ホルモンの分泌がさらに促進するサプリメントを飲むのもおすすめの方法です。

成長期に不足しがちなアルギニンと言う栄養素は成長ホルモンの分泌を促し、疲労回復にもいいので、質の良い睡眠を得るにはとても効果的なんです。

また、睡眠の2時間前にはスマホは終了して気分が高揚するのを避けるのも有効です。

この時間帯に深い眠りが得られると、成長ホルモンの分泌を促し、子どもの体の成長促進や、大人の老化防止に効果があります。美容面からいっても、皮膚をつくり出す基底層の細胞分裂は、午後10時から午前2時頃がもっとも活発なことが確認されています。

参照元 睡眠をしっかりとろう 半田市医師会健康管理センター

身長はいつまで伸びるの?

第2成長期の10~16歳は1年間に男子は約10〜12㎝、女子は約8㎝程の大きな伸びを見せる成長のスパートがかかる時。

この時期をどう過ごすかで最終身長が決定するといってもいいでしょう。

それを逃すと大きな伸びには繋がらず、一般的には男女ともに18歳ころで身長の伸びは止まります。

なぜなら、成長期の子供の骨にしか存在しない「骨端腺」が18歳ころには無くなるからです。

「骨端腺」はその内部に軟骨を増殖させ硬い骨へと変わることを繰り返して骨を伸ばしていきます。

だから「骨端腺」が存在する第2成長期に伸ばす力をどこまで発揮させてあげるかにかかっているんですよ。

参照元 おざき鍼灸接骨院

適度な運動 どうしたらいい?

スポーツは成長ホルモンの分泌を促進させてくれます。

また全身の筋肉を使う運動は骨端腺に刺激を与えて軟骨の増殖を促します。

おすすめは、バスケットボール・バレーボールや水泳、手軽な縄跳びなど「跳躍系(ジャンプする)」の運動です。

これらの共通点は「縦方向に伸ばす」こと。

骨を引っ張る状態が骨端腺を刺激して血流がよくなりホルモンや栄養素が十分に運ばれるので軟骨の増殖の促進して丈夫な骨になるのです。

でも筋肉に負担の大きい運動は骨の成長を妨げるので筋トレのように負荷の高い運動には注意しましょう。

まとめ

身長を伸ばすには

  • 骨を強くする栄養素をバランス良く効率的に摂るようにしましょう。
  • 骨の成長に必要な成長ホルモンの分泌を高めるには質の良い睡眠が大切です。
  • 骨端腺の存在と増殖が活発な第2成長期を逃さない
  • 適度な運動で骨端腺を刺激して軟骨の増殖を促進しよう

大切な成長期の過ごし方で身長だけでなく、丈夫な身体作りで健康な大人になれるかどうかが決まります。

特に食事はバランスが大切ですから、栄養素でも摂りずらいアルギニンなどはサプリメントが効率的ですね。

成長ホルモンの分泌を促進や疲労回復の効果で成長期の伸びる力のサポートにピッタリです。